1歳の記念に撮った写真は家族の宝物

1歳の記念に撮った写真は家族の宝物

1歳の記念に撮った写真は家族の宝物

息子が1歳になった時に写真館で写真を撮りました。服を着替えて全部で10カット撮影しましたが、撮った写真は家族の宝物になっています。

カレンダーにして祖母にプレゼントした写真は大好評

撮った写真のうち2カットはカレンダーにして祖母の誕生日プレゼントにしました。祖母はとても喜んで、毎日毎日カレンダーを見るのが楽しみになったそうです。それまでは「ああ、もうそろそろ年だから、いつ居なくなってもおかしくないわ」なんて悲しいことを言っていた祖母が「毎日毎日カレンダーを見るのが楽しくて、○○くんが可愛くて可愛くて、カレンダーが終わるまでは死ねないわ」と言ってくれています。

またカレンダーが終わる頃には、写真館で再度撮影して祖母にプレゼントするつもりです。祖母も「来年も楽しみにしてるわね」とまんざらでもない様子です。

祖母に毎日の楽しみを与えてくれた写真に感謝しています。

自宅に置いた家族写真を見ると、夫婦喧嘩もつい下火に

3人で撮った写真がダイニングテーブルの上に置いてあるのですが、夫婦喧嘩がはじまってしまった時に、その写真が目に入るとなんとなく喧嘩が下火になります。写真の中の3人の笑顔がとても素敵な笑顔なので、そのまま喧嘩を続ける気が無くなってしまうのです。自分たちで写真を撮ると変な方向を見てしまったり、変な表情でうつってしまう事が多いので、写真を撮って頂いて良かったと思っています。

仲が良い日はもちろん、写真を一緒に見て「やっぱり○○は可愛いね。親馬鹿かもしれないけど、今まで会ったどんな子よりも可愛いよね。」と夫と何度も何度も眺めています。

家族で撮った写真に息子も大興奮

飾ってある写真について、最初は息子は特に反応が無かったのですが、1歳2ヶ月を過ぎた頃に、ふと写真を見つけて指差ししました。「ママとパパと○○くんよ。」と伝えると、とても嬉しそうに笑顔を浮かべて手を叩きました。それ以来、ふと写真を見つけると笑顔で駆け寄って指差しして手を叩いています。息子も家族3人で撮った写真が大好きなのだと思います。まだ言葉が話せませんが、いつか言葉が話せるようになったら「あ、僕がうつってる。ママとパパも一緒だ。みんな笑ってるね」と写真についてお話するのが楽しみです。

息子の写真のキーホルダーでママもパパも頑張れます

息子の写真を用いてキーホルダーを作って頂きました。息子が1歳になったあと私が職場復帰して、夫も私も働いているのですが、2人とも職場に息子の写真で作ったキーホルダーを持参しています。

通勤途中やお昼休憩などに息子のキーホルダーをちらっと見ると、とてもほっこりした気持ちになって仕事や通勤疲れが吹き飛びます。

遠方の親戚にも喜ばれました

主人の実家は遠方のため、なかなか会うことが出来ませんが、写真を撮った後で何枚か焼き増しして郵送しました。その後、義実家でも良く見える所に写真を飾って頂いたようで「毎日皆で見て、可愛いねって言っているよ」と言って頂きました。特に、主人の母と祖父がとても喜んで毎日眺めているそうです。

私は写真写りがいつもあまりよくないので、他人に写真を渡すことはあまり好きではないのですが、今回はとても綺麗に撮影していただくことが出来たため、迷い無く写真をプレゼントする事が出来ました。

撮影して1年経つとデータを購入することができるので、データを貰ったら少し遠い親戚にも写真を送ろうと思っています。

 

写真を撮った頃の息子の様子がいつでも思い出せる

息子も1歳2ヶ月になって、忙しさもあり、だんだん今までの育児の記憶が薄れてきてしまっているのですが、写真を見るとその当日の記憶はとても鮮明に思い出せます。

大きなカメラが物珍しくて触りたくて触りたくて仕方ないといった表情をしていた息子の様子や、ぬいぐるみを貸して頂いて満面の笑みを浮かべていた息子、まだ数歩しか歩けなかったのに、たまたま写真撮影中に歩こうとしてくれたおかげで、今にも歩きそうな雰囲気の躍動感のある写真が撮れたことなど鮮明に思い出すことが出来ます。

これからもこの写真を見るたびに1歳の誕生日の息子の姿を思い出すことが出来るのはとても貴重だなと思います。

 

 

写真館で写真を撮った経験はあまりなかったのですが、やはりプロの方が撮ってくださるので自分たちで撮影するより出来がとても良くて、何枚も欲しいと思ってしまうくらい最高の笑顔の写真が出来上がりました。

撮った写真は家族にとって宝物になりました。

一覧へ戻る

電話お問い合わせ